各種子犬の相場価格|トイプードル・カニンヘンダックスの子犬販売


各種子犬の相場価格

TOP ≫ 各種子犬の相場価格

4犬種の一般的な相場価格はいくら?

命に値段がつけられないように、子犬にも完全な「定価」というものは存在しません。子犬の値段は、人気や流行などに左右されますし、ブリーダーやペットショップなどの都合などによっても違ってきます。それでも全国的な「相場価格」というものは存在します。

ここでは、当サイトで扱っている4犬種の全国的な相場価格についてご案内します。

犬種 相場価格(当社調べ)
フレンチブルドッグ 30~50万円
トイプードル 25~70万円
ミニチュア・カニンヘンダックスフンド(ロングヘア) 25~70万円

なぜHAKATA FIELD KENNELの子犬たちの値段がお手頃なのか?

ブリーダーやペットショップの中には、相場価格よりも安い場合がありますが、それは各種ワクチンをきちんと接種させていない、健康管理をきちんとしていない、質の悪いペットフードを使っているなどの理由があります。

しかし、HAKATA FIELD KENNEL(ハカタ フィールド ケンネル)は違います。値段がお手頃なのには、れっきとした理由があるのです。

その1 中間マージンがかからない

HAKATA FIELD KENNELで扱っている子犬たちはすべて私たちが親犬を交配させ、育ててきました。中間にブローカーや業者などを挟まない、「直販形式」を採用しているので値段がお手頃なのです。

その2 種オス(父親犬)がいるので交配料がいらない

HAKATA FIELD KENNELは、母親犬だけをそろえたブリーダーではなく父親犬も飼っています。そのため交配料を払わなくても子犬たちを産ませることができます。その分だけ値段がお手頃となっています。

その3 家族経営なので、人件費がない

HAKATA FIELD KENNELは、家族経営です。私たちは子犬の最初の親として、責任を持って家族の一員のように大切に育てています。人件費がかからないので値段がお手頃なのです。それだけでなく、愛情を子犬たちに直接注ぐことができます。

その4 広い敷地を用意しているので家賃がない

HAKATA FIELD KENNELの犬舎はすべて私たちの敷地です。敷地を自分で用意できるということは値段がお手頃というだけでなく、24時間いつでも子犬や親犬たちを見守ることができるという利点があります。そのため健康な子犬たちとの出会いを提供できるのです。

その他、子犬に関するお問合わせはこちらから!

ページトップへ戻る