子犬を飼う前の準備|トイプードル・カニンヘンダックスの子犬販売


子犬を飼う前の準備

TOP ≫ 子犬を飼う前の準備

子犬を迎えるための準備はできていますか?

子犬を迎えるための準備はできていますか?子犬を迎えるための準備はできていますか? 子犬は家族の一員、パートナー、お友達などなど、これから人生を共にしていく大切な存在です。できる限りの準備をしておいてあげましょう。

子犬がおうちに来るまでに準備しておくもの

専用の食器類(ご飯皿、水飲み)

専用の食器類(ご飯皿、水飲み)
犬種にもよりますが、独占欲が強いので専用のものを用意してあげましょう。

サークルやケージ

サークルやケージ
子犬時代は、ほとんどサークル内で生活させます。ストレスを溜めない大きめのサークルやケージを用意してあげましょう。

トイレシーツ

トイレシーツ
新聞紙などで代用もできますが、基本的に子犬は臭いに敏感です。専用のトイレシートを用意してあげましょう。

寝床

寝床
冬場などは寒さ対策が必要という理由もありますが、子犬が安心して眠れる場所を用意してあげましょう。
ペットフード
当面のドッグフードはお渡ししますが、その後のドッグフードも用意してあげましょう。できれば健康に配慮したドッグフードを用意してあげましょう。
シーツ
初めての環境で子犬たちはどうしても緊張しますので、ケージやサークルがすっぽり覆える清潔なシーツを用意してあげましょう。

ページトップへ戻る

子犬にとってうれしい環境

静かで落ち着ける場所
初めての環境で子犬は緊張しています。できるだけ静かな場所で休ませてあげてください。最初は抱っこや触るのは我慢して、環境に慣れさせてあげることを第一に考えてください。静かに休ませて、徐々に新しい環境に慣れさせてあげましょう。
今まで食べ慣れたドッグフードがある
最初は今まで食べていたものを食べさせてください。HAKATA FIELD KENNELでは、今まで与えていたドッグフードを10日分程度お渡ししています。

遊んであげる

遊んであげる
少しずつ新しい環境に慣れてきたら、30分ぐらいを目安に遊んであげて、あなたと環境に慣れさせてあげましょう。決して無理にではなく、子犬から遊んでくるようにしていくのが基本です。
たくさんの人に見せたり触らせたりしない
HAKATA FIELD KENNELの子犬たちはフィラリアの駆虫、ワクチンの接種を終えていますが、どこから病気がくるかはわかりません。また、落ち着けないので、最初はたくさんの人に見せたり触らせたりしないようにしましょう。

健康診断をさせましょう

健康診断をさせましょう
ある程度環境に慣れてきたら、獣医師さんのところで健康診断と各種予防接種をしてあげてください。外ではどんな病気に感染するかわかりません。HAKATA FIELD KENNELでは各種ワクチンの接種を終えていますが、念のため診断してもらってください。

日光あたりのよい場所

日光あたりのよい場所
HAKATA FIELD KENNELの子犬たちは日の光がたっぷり当たる場所で育ってきました。できるだけ日光にあててあげてください。

お散歩デビュー

お散歩デビュー
健康診断や予防ワクチンの接種が終わって、一週間ほど元気に暮らしていたら、お散歩に連れて行ってあげましょう。最初は外の環境を怖がってしまうかもしれませんので、抱っこして歩いてあげるだけでも良いです。少しずつ外の環境にも慣れさせてあげましょう。

家族の一員、パートナー、最高の友人として

最後に、何よりも一番大切なのは、子犬を大切な命として責任を持って育ててほしいということです。統計によれば、全国で毎年20万匹以上の犬が保健所に引き取られているという悲しい現実があります。

忘れないでください、子犬との運命の出会いは命と命の出会いであるということを……。

  • お問合わせはこちらから
  • 先行発売予約!これから生まれてくる子犬を予約できる!

ページトップへ戻る